燕岳へ

2016/8/10-11

燕岳

燕岳

やはりね、自分で歩いてこそ見える風景が最高だね。

数年ぶりに山歩きの時間を楽しんできた。
キャンプも少し遠ざかり、アクティブな楽しみと言えばスキーとテニスに集中していたけど、心の中では大きく拡がる風景に飢えていたんだと思う。
スキー場で見るそれとは違うんだな。
自分で歩いてこそ、なんだ。

想像以上に山を登る体力があった。
中房から燕岳は日本三大急登の一つに数えられ、標高差1300m、CT5時間半程度の登り。
前回家族で登ったときは9時間くらいかかったと思う。

常念山脈を歩く

2年近くテニスで足腰を鍛え、体力も衰えること無く。
前夜にたっぷり睡眠を取ったことで当日の体調が良かったのでしょう。
きちんと自分のペースを守りSLOW TREKに徹したからでしょう。
サポートして頂いた仲間がいたからでしょう。

テニスボールも登頂

テニスボールも登頂

余裕を持って稜線に立つことが出来た。
自分の年齢とか体力を思うとこの余裕感が大切なこと。
山歩きのために日々の鍛錬をするのでは無く、集中しているテニスや冬のスキーで培った体力の範囲で楽しめる山歩き。

槍・穂高連峰

槍・穂高連峰

そんな山歩きを再開しようと思う。

両腕が不自由で自力でザック担ぎ、降ろすことが出来ないけど、この脚があれば歩ける。

この脚で歩きたい

この脚で歩きたい


また、何方かをお誘いしなきゃ。

燕岳へ” への3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です